アジア最大のゲイパレード開催!人気歌手も同性婚支持

特殊案件11−2

 
2015年10月31日性的少数者LGBTが平等な権利を訴えるパレード「台湾同志大遊行」が台北市で行われた。
ハロウィンではなく、あなたもこのイベントに参加してきたでしょうか?
わざわざ日本から出て行くまでもないですかね。
 
歌手で俳優のAARON(アーロン)が同性婚に反対する団体に対抗して話題になっている。自由時報が伝えた。
 
私は知らなかったけど、この歌手を知ってましたか!?
団体に対抗するってなかなかできることではないですよね。
それをやってしまうということはゲイなのか?
それとも何か他の意味があるのだろうか!?
 
毎年10月に行われ、今年でなんと13回目を迎えるアジア最大のゲイパレード。
台湾や中華圏だけではなく、世界各国からLGBTの人々や同性婚の権利を訴えた。
主催側の発表によると、今年の参加者は約7万人で過去最高となった。
 
これ聞いておどろかずに’いられないですよね。
7万人ですよ。日本では考えられないですよね。
普通のコンサートでも7万人集めることがどれだけ大変なことか。
大人気のあるアーティストであれば即完売かもしれませんが
そこそこの人であれば1万人すら集めることができないのではないでしょうか。
台湾では人気芸能人たちもパレードへの支持を表明し、その数は年々増加している。
来年は7万人を超える人たちが集まってくるとなると、どこまでも人が集まってきそうな気がしますね。
来年がもう、待ち遠しいですね。
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。