ロジャームーアの発言「ボンド役にゲイはダメ」

特殊案件11−2 3

 
かつて「007」シリーズで主人公役’’ジェームスボンド’’えお
演じ、今も同シリーズに相当な思い入れがあるという俳優ロジャームーア(88)
 
「年寄り版ジェームスボンドでよければ私がカムバックしたい」と語り話題を集めた。
これを聞いて、ん〜さすがにおじいちゃんのボンドときいてもなんとなくsクションさが薄れていまいますよね、おじいちゃんかと思ったら中にいたのは若い人だったとかあったら面白いかもしれませんが。
 
ボンド役というのは「女性版ボンドやゲイのポンドがいても良いってね」
「でも、そんなのはボンドとは言えない。作家イアン・フレミングはそんなボンドをかいたわけじゃないんだから」
 
まぁたしかにいう通りですよね。原作の物語から外れすぎてしまったりしては
本末転倒になってしまいますからね!
あなたはゲイとして生きているのであれば再確認してみてください。
自らが何か思ったからこそ原点というものがあってここまですすんできたのではないでしょうか?
 
その原点というものが何だったのか紙に書き出してみると再確認することができるので良いと思いますよ。
その時になにかしらズレを感じたりしたのであれば修正するチャンスですよ。
 
そしてそこに真実味があればゲイであろうと黒人であろうと女性であろうとボンド役をやってもしっかりとした作品になること間違えありません!
決してゲイが嫌いでこのようなことを言っているわけじゃないし、差別しているわけでもない。ただ本来のキャラクターに忠実とは言えない。
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。