「ゲイ男性の献血禁止令」をあの国が撤廃

献血のイラスト

 

2015年9月16日、 ゲイとバイセクシャルの男性からの献血禁止が廃止になったとのnewsがアルゼンチンArgentinaから入ってきました。
国内のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとった性的少数者を表す言葉)擁護団体が、
10年以上にわたって平等な献血を目指すキャンペーンを行ってきた結果だそうです。

「科学的にも技術的にも正しい決定で」
「『特定の集団を避ける』という古い概念に代る医学的なアプローチ」

に基づくと厚生大臣のダニエル・ゴヤン氏が言ったそうです。更に同氏は

「アルゼンチンは、安全でお互いを気遣い、全員参加可能な国の血液システム構築に向けて動き出した」

とAFP通信に話したそうです。

LGBT権利団体はアルゼンチンの判断を歓迎している。AFP通信によるば、
先に書いたとおり活動家たちは禁止令を廃止するよう15年にわたって政府に求めていた。

アルゼンチンLGBT連合のエステバン・パブロン会長は声明で

「平等と差別撤廃への一歩を踏み出すことができ、とても嬉しいです。
私たちは、血液を提供するという当然の権利からあからさまに除外されてきました」

と言ったそうです。

アメリカを含む50以上の国で男性と性関係をもった男性の献血禁止は存在すると言われている。
AIDsが流行した初期の頃、禁止令はエイズに対する恐怖と理解の欠如から広がったのだそうです。
しかし、HIVテストの技術が向上し正確になるにつれ、
LGBTの活動家たちは禁止令は倫理的にも科学的にも正当でないと批判するようになったいった。

アメリカ、フランス、ドイツ、ベルギーなどは政策を変える話し合いをすすめている。

アメリカ食品医薬品局(FDA)は2015年初め、部分的な献血禁止の廃止を提案した。改正されたFDAのガイドラインでは、
SEXを1年以上控えた場合のみ、ゲイとバイセクシュアルの男性は献血を許可される。

FDAの発表を賞賛する人たちもいる一方で多くの人は十分でないと考えている。

人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーンのデイビッド・ステイシー政務局長は、
提案について「正しい方向への一歩」だと言いながらも

「問題の解決策と呼ぶにはほど遠い提案です。
まだゲイやバイセクシュアルの男性に汚名を着せ続けています」

と、付け加えた。

2013年には86人の国会議員が、
アメリカ合衆国保健福祉省に時代遅れの政策の見直しを書面でせまった。
アメリカ赤十字やアメリカ血液銀行協会、アメリカ医学協会といった団体も、
献血禁止の廃止を求めている。

「血液検査技術は大きく進歩している。政策を変え、男性と性行為をした男性でも献血できるようにした国もある。
血液銀行も、現在の禁止令は『医学的にも科学的にも不当』だと反対している」

と書面で訴えている。
「たとえ深刻な血液不足に直面しても、現在の政策では健康な人からの献血をうけられません」

アルゼンチンの政策変更を知り、自分の国にも変化が起こるのではないかとTwitterで期待を寄せる人たちもいる。

FDAに、「あなたたちが見ていることを願います」とコロラド州の民主党議員ジャレッドレッド・ポリスはツイートした。
おなじような献血禁止政策を廃止したチリ、メキシコ、スペイン、イタリアといった国もあり。
性的指向ではなく献血するかどうかを個人のリスクで決められる国は、まだまだすくないが増え続けているそうです。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。