元プロボクサー 知らず知らずのうちにゲイビデオに出演

ユーサフ・マック ゲイポルノに出演

米国の元プロボクサー、ユーサフ・マック氏(35歳)は、友人から自分が出演しているポルノ作品を見せられ、出演したことを認め、その理由を語りました。
マック氏は、何者かにフェイスブックでゲイポルノに出演すれば、4500ドルの報酬を払うという話を持ちかけられ、出演を承諾したといいます。

彼には婚約者がいますが、結婚のための費用の工面のための出演だと述べています。

彼自身は自分は異性愛者であり、同性愛者であることを否定しています。
「俺は女が好きなんだ。男に触る機会はリングで闘うときくらいだからな!」

この映画撮影は指定された場所の舞台セットに到着すると、半ば強引に撮影が始まったということで、手渡された錠剤とウォッカを一気に飲んだそうです。

その後、意識を失い、「気が付いたらフィラデルフィアに戻る電車の中だった」と証言しています。

なんとも不思議な話です。
意識がなくて演技ができるなんて。

まあ、どちらでもいいんですが、婚約者もちょっと気の毒ですね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。