Facebookユーザ、約80万人がカミングアウト

フェイスブック カミングアウト

進んでいるというのか、こういう時代なのか。
米国のフェイスブックユーザーの内80万人が昨年1年間でカミングアウトしたと発表されました。

とはいえ、「私はゲイです!」とか「レズです」と宣言したわけではなく、プロフィール設定で、恋愛対象が異性か同性か、あるいは任意のジェンダーかを選択できるようになっていますが、そこでの選択結果を「公開」することで、カミングアウトしたと同義と判断されたのです。

アメリカでは同性婚が憲法で合法となった6月26日以降、カミングアウトが急増したそうです。
アメリカ全体では600万人がフェイスブック上でカミングアウトしているといい、LGBT活動がさらに活発化するものと示唆されています。

この状態を神様は良しとされているのかはわかりませんが、世界規模でLGBTの人々はますます増えていっています。
フェイスブックでのカミングアウトは今後も急増していくでしょうね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。