韓国では同性婚に対する考えが男女で差がある

韓国 同性婚の考え方

韓国の出会い系サイトが調査したところによると、韓国女性の圧倒的多数が同性婚に賛成しているのに対し、男性は反対していることがわかりました。

女性回答者の70%が同性婚を容認できるという考えに同意しました。
逆に男性回答者は50%以上が同性婚の合法化には反対という意思表示をしました。

賛成の理由は、結婚は個人的な事柄であること、性志向は自然に任せるものであるなどでした。
一方、反対の理由としては、社会的な混乱をきたす可能性かあるとか、特別な理由はないが同性婚を嫌うとと回答しました。

また、回答者の30%弱が、家族や友人からカミングアウトされれば、以前と変わらないように接すると答えています。

アンケートからは女性の方が男性より、LGBTの人々への支援を積極的に行っていることが現れていました。
韓国では同性婚や同性同士のパートナーシップを承認していません。
韓国では日本同様、まだ保守的な考え方が主流のようです。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。