同性カップルに必要な書面

特殊案件11−6 2

 
同性カップルがファミリーとして暮らしていくと、そのつど重要な場面において制度の壁にとまどってしまうのではないでしょうか?
住むとこについてもですし、結婚についても、病院にいくときにでも
生活していく上で必要なことばかりですよね。
 
これからの2人の人生のプランを考えていくことにしていきましょう!
あなたは、今どのような壁に直面していますでしょうか?
家の購入をしようと考えている人であったり、保険をどのようにしようかと思ってはいるものの、決めることができずにダラダラと時間だけがたってしまっているのではないでしょうか。
 
家に関して言えば、購入していくのか、賃貸のまま暮らしていくのか。
家を購入するのであれば、ローンというものが壁になってくるのではないでしょうか。
このときに現金で払うことができたとしても、どちらが多く出したかなど相続時に問題が起きてきますよね。
 
まったく家に関して欲しい気持ちなどがなければ購入する必要もないのかと思います。
賃貸の好きなところの好きな場所で住むことができるのを優先していくほうが楽しいライフ生活を送っていくことができて良いかと思います。
これは人それぞれどちらがあなたに合っているかによって選んでいくことが良いと思います。
 
若いうちはいいのですが、年をとっていったときに病気などなってしまったときの問題です。
パートナーシップの証明書があったとしても法的な効力があるわけではないので2人にあった生活のあり方を考えていく必要が大きくあるのです。
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。