筋肉の見せつけあいからのフェラさせていただくまで

特殊案件11−9

 
勉強にしても仕事にしても男はストレスがたまると発散せずにはいられない。
そこで仲のいい友人と、ゆっくりと銭湯にいくことにした!
湯船に浸かり、日頃のストレスをお湯とともに流し
サウナへ!
時間がおそかったこともあり他のお客さんは「ゼロ」タオルを巻いて
サウナへ入ることもせず、お互いの筋肉の比べ合いになってきた。
ここの筋肉も鍛えろよ!といったじゃれあいから気がつくと
ムクムクと大きくなっているではないか。
これは思ってもいないチャンスが巡ってきたと思い
そのままたがいに自分のボッキしたのをしごき出した。
お互いのオナニーの見せ合いになり、相手の大きくなったものに手が伸びてしまった。
相手の友人もキョヒルことなくそのまま受け入れた。
もう我慢をすることなど到底できない状態となり、「しゃぶってもいいか?」と聞くと「うん」とうなずいた。
 
そして、ここからが本番と言わんばかりに相手を寝かせつけ
股を開けるだけ開き、しゃぶりにしゃぶりまくった。
友人も感じてくれているようで、大きな声が小さなサウナ室に響きわたった。
 
友人はその気持ちよさにたえることなどできず
口のなかでいってしまった。
 
普通であれば、なんでこんなことしちゃったんだろうと
思うところかもしれないが、彼らにとってはこれも筋肉を鍛える
一種のスポーツとなってしまった。
それからというもの、掘り合うまでに時間はかからなかった。
ホモ生活を送る毎日に変わっていった。
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜
 

引用表記みんなのゲイエッチ体験談 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。