アリアナ・グランデの兄もゲイだった!

CD_BL_FrontCoverH14
新アルバム「Moonlight」の発売がこの秋に控えている、米人気歌手のアリアナ・グランデ(22)は、ゲイに対してかなり寛容なようです。
雑誌の取材でこんなことを述べていることからもわかります。

彼女は、人種、性別、ジェンダーなど、どんな理由であれ差別を目撃すると、“怒りで身体が震えてきてしまう”と言います。
「自分が好きな人たちが、まったく意味のないくだらない理由で苦しんでいるのを見たり聞いたすると、苦しめている奴らの器の小ささ、精神的な幼稚さ、無知さ加減に呆れてしまう」と。

様々なライフスタイルを素直に認めるという自身の態度、思想は、家族のおかげだというアリアナ。
特に同性愛に対する差別に対しては強い気持ちを持っているようです。

「わたしの兄はゲイで、わたしの親友たちにもゲイがいます。
兄がゲイであることをわたしたち家族に告げた時、わたしたちにとっては別に普通のことでした。
かなり保守的で伝統的な考えの祖父でさえ、いいじゃないか、という感じだったもの」

ますます彼女の人気が高まる予感がしますねえ。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。