ALLDAYS 二丁目の朝日

ゲイ映画「ALLDAYS 二丁目の朝日」

「ALWAYS 三丁目の夕日」の間違いではありません。
「ALLDAYS 二丁目の朝日」です。

ポスターまでそっくりで、完全にイメージはパクリです。
昭和30年代初頭の東京を描いているのは三丁目の夕日と同じですが、もちろん、二丁目ですから、描かれているのは”あの二丁目”です。

出演者は、三浦涼介、松田祥一、谷桃子などの若手俳優で、特に三浦は「るろうに剣心 京都大火編」で、刀狩りの張こと沢下条張を演じた俳優です。
かなかなの演技派で、剣心役の佐藤健との迫真のバトルは印象に残りました。
ベテランでは、テルマエロマエに出ていた、外波山文明もいましたね。
テルマエもなんとなくゲイを感じされる映画ですが、この人、こちらの方面に縁があるのかしら?

ストーリーは性を売る場所であった二丁目が、ゲイの街へと変貌していく時代と、そこで、必死に生きていく人々を描いています。
話も「ALWAYS 三丁目の夕日」となんとなく似ていますね。

どちらにしても、訴えられるほどのメジャー作品ではないし、ゲイの話ですからね。
私は大好きですね。こんな映画。
面白いからオススメですよ。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。