LGBTのT(トランスジェンダー)のビール誕生

トランスジェンダービール発売

確かに世界初でしょう。
トランスジェンダービール『No Label』を、英・スコットランドのクラフトビール「Brew Dog」が発売しました。

私も初めて知ったのですが、ビールの原料であるホップは通常は雌株のみ使用しているそうです。
ホップでできているくらいは知っていましたが、雌株、雄株があることは初めて聞きました。

雌株のみを使用するのは、受精すると苦味や香りが劣化するからだそうです。だから、雄はすべて排除するとのこと。
なんか、言葉にするとかわいそうですね。

今回のビールは、「ジェスター」という品種のホップを使用しています。この品種は、収穫前に雌から雄へと性別が変化するもので、通常は使われることはないそうですが、今回はLGBTのテーマにピッタリということで、あえて、これを使ったそうです。

「ビールも人間も同じ!何にでもなりたいものになれますよ!」というメッセージが込められています。
ビールの売上金は全額、トランスジェンダー支援団体に寄付されるそうです。

日本からでもインターネット経由でブリュードッグ公式サイトで注文できます。
ただし、英語ですよ。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。