ホモコーチが指導をしてくれた内容が驚き

特殊案件11−10 3

 
 
大学元水泳部のコーチが指導をしてくれた時の話です。
 
高校まで水泳や競泳をしていた俺はもう大学では水泳をやりたくないと思っていたのだが、水球部の勧誘を受けたのだ。
そこからがこのすべてのはじまりだ。
 
その部活のコーチはミスをすると怒鳴り散らすは当たり前
ビート板を投げつけてくることも、かなりきつい練習をこなしてきたが
OBの人も来たり、楽しい雰囲気の時もあったりして
何気に楽しんでいた部分も今思い返すとあった。
 
長い間使っていると水着にも負担がかかるのか、だんだんとボロボロになってくるのだが、新しい水着を買おうとなったときに、新しい水着と交換して履くように言われていた。
その履き古した水着はメーカーの研究に使われると言っていた。
 
ある日コーチの家でご飯をご馳走になり帰ろうとしたときに俺の原付が動かなくなってしまった。
コーチは好きに部屋を使えと言ってくれた。
 
お風呂にも入り、寝るときのTシャツを借りようとクローゼットをあけるとそこには、1枚1枚丁寧に袋に入った水着が、、、しかも履いているときの写真付きで、、、
 
物色していると突然扉が開き、「お前見たな」とコーチ
 
そのまま押し倒されておれはなされるがまま
それからというものの、コーチに食事に誘われては
ボロの水着をはかされては手コキやマシーンをつかってイカされた。
 
今も水球指導しているコーチは果たして何枚のボロパンを
あのクローゼットに溜め込んでいるのか。
気になってしまいます。
 
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜
 

引用表記みんなのゲイエッチ体験談 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。