ゲイではないと言ったのに車とホテルで犯された

特殊案件11−13 3

 
よくある日地上の中での出来事である。
私は23歳で夜の仕事をしているのだが、その日は切らしてしまった化粧品を買いに行こうと思ったのだがちょうどいい運動になると思い歩いて行くことにした。
その薬局の近くにアダルトショップがありいつも寄っていた。
お店から出ると黒のワゴンが停まっていた。
車にのているお兄さんと目があったがそのまま薬局に行くことにした。
そうするとその車が来るのがわかった。
「お姉さんどこいくの〜」とナンパされた。
適当にあしらおうとするもののしつこい人だった。
いい加減にめんどくさいと思い、言っときますけど私男ですからね!と保険証を見せた。
それでもお姉さんならいけると言われてしまった。
そこから無理やりお兄さんの股間に顔を押さえつけられたのだが、その硬さと大きさは歴代の中でもトップクラスだった。
わたしはどんなのか次第に気になってしまい気がつくとお兄さんのチンポを握っていた。
それから私は興奮するとともにどんどんエスカレートしていった。
そのまま車でやるのは見られるからとホテルにいくことにした。
私は早く帰りたかったがパンツを脱いだままの状態で向かった。
着くとすぐに服を脱ぎ私も脱ぐように言われたけど恥ずかしくてとりあえずフェラで終わらせることにした。
しかし、お兄さんは私のあそこに指を入れ始めた。
最初は痛かったがだんだんと気持ちよくなってしまい声が出てしまった。
それをいいことに攻められた。
恥ずかしがる私を見てお兄さんも興奮しているようだった。
そろそろとお兄さんが言うと中に出てきた。
終わってからもお兄さんは私を触ってきた。
私も2回目ありかもと思ってしまったが、いく予定だった薬局まで送ってもらった。 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。