マイケル・アンジェラコス、ゲイをカミングアウトした後のファンの声に感謝する

マイケル・アンジェラコス、ゲイであることを告白

米国の5人組エレクトロ・ポップバンド、パッション・ピットのボーカル、マイケル・アンジェラコスは、ゲイであることを告白しました。
マイケルは今年8月に妻と離婚しているが、ゲイであることも原因の一部であったようです。

ただ彼は妻を愛していたし、妻もマイケルを愛していたといいます。でもやはり離婚を決意しなければならなかったようです。
今回のカミングアウトもマイケルの元妻が、マイケルのセクシャリティをはっきりさせる必要があるんじゃないの?と、カミングアウトするように励ましてくれたそう。

今回、作家ブレット・イーストン・エリスのポットキャストでゲイであることを公表したマイケルだが、カミングアウトするまでかなり躊躇したみたいです。
ファンがどんな反応をするのか、批判的な意見が来たり、蔑まれたりしないかなど、心配したようです。

ポッドキャストの配信後、マイケルは「すべてうまくいってるよ……たくさんのあたたかい、支えになるメッセージを今日は受け取ったんだ。僕に手を差し伸べてくれて、優しくしてくれてありがとう」とツイッターに投稿している。
ファンからは多くの励ましのメッセージが寄せられたようで、喜びもひとしおだったと述べていました。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。