ゲイが後輩を持つとこうなる

特殊案件11−14 2

 
俺は24入社2年目にして後輩を持つことになった。
男に女それぞれいるのだが、女の方がスタイルもよく芸能人にいそうなくらいのプロポーションだった。
何ヶ月か立ち後輩の男の方が相談に乗って欲しいと言ってきたのである。
どんな相談かと思い聞いてみると、女の後輩のことがどうやら好きみたいなんだが誘ってもまったく相手にされないためなんとか飲み会の場を作って欲しいというお願いだった。
最初はそんなもん自分でなんとかしろよ!と思ったりもしたが可愛い後輩にそうすることもできずに女の後輩に頼むことにした。
後輩はあっさりオッケーと返事をくれた。
そして飲み会当日。
女の後輩は男の後輩の方に行くことはせず俺の近くにずっといるのだ。俺が席を離れて違う場所に座るとまたくる、これの繰り返しだ。
そして、俺は女の後輩から好きであるということを伝えられた。急にそんなこと言われても、とこたえると泣かれてしまいどうすることもできず、わかったよと最後には言ってしまった。
そこから俺の人生は下降していった。
女の後輩から束縛だ。
会社にいても、家にいても俺は休まることのできる生活を送れる場所がなくなってしまった。
その事を男の後輩に相談をしていたのだが昔好きな気持ちがあったせいか最初はあまり聞いてくれなかったが困ってる先輩を助けたいと思ってくれ相談にものってくれた。
そんな相談相手が男であろうと感情が動いていくこともあるんだと初めて知った。
俺の気持ちを理解してくれる後輩のことが好きになってしまった。
これがゲイになる第一歩なのだとわかった。
 
それでは!!
 
 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。