史上初!米国大統領、同性愛者雑誌の表紙モデルになる

オバマ大統領、同性愛者雑誌の表紙モデルになる

こんなことが、起こるとは!
こんな時代が来るとは、だれが想像したでしょうか。

オバマ米国大統領がLGBT(性的少数者)マガジン「アウト」の最新号のカバーに登場しました。
コピータイトルは、「わが大統領 協力者 英雄 偶像」。ゲイを支持する雑誌に載るなんてかっこいいですね。

同誌は「性的少数者のモデルとして大統領が登場したのは史上初で、これは歴史的な快挙である」と評価しました。
そして、「大統領の演説で、米国が動き、連邦大法院が同性結婚を認めたと」。

オバマ大統領はこの雑誌のインタビューにも答え、「自分が会った最初のゲイはたぶん、私が出た大学のローレンス・ゴルディン教授だと思う。私は彼の話を聞き、私たちは良い友人になった」
さらに大統領は、「私はおかしな名前を持つ黒人だったが、幼いころ、母がすべての人は平等だという信念を与えてくれた」
オバマ大統領は「みんな平等に生まれ、誰もアメリカンドリームから排除されてはいけない」とし、同性結婚を支持したのも、この信念からだと述べました。

それにしても、最近のゲイ関連、LGBTなどの話題は豊富ですね。ますます社会に認知されてくる予感がします。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。