LGBTは差別? LGBへ?

LGBTからTを外す「Drop the T」運動

「LGBT」って言葉は最近よく見聞きしますよね。まだまだ認知度は低いとはいえ、以前よりはかなり一般的になってきました。レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)のセクシャル・マイノリティを指す頭字語として世界的な共通ワードとなっています。
ところが、この名称に反対するという意見があるのをご存じでしょうか。

それは、最後の「T」を除こうとする運動です。名付けて「Drop the T」。
この主張に賛同したゲイとレズビアングループが発起人となってWebサイトを立ち上げました。彼らの主張は、レズ、ゲイ、バイセクシャルは性的指向でも、トランスジェンダーは性的指向ではなく、性別のアイデンティティだというものです。
言わんところはわかります。言われてみれば確かにそうかもしれません。でも仲間はずれにする必要はあるのかなと私は思ってしまいます。

一般の人からすれば、何の問題もないし、問題にする方が問題だと思いますよ。
“普通と違う”という点では、一致していますよね。あまりこだわり過ぎではないかしら。ネットでは、「差別に立ち向かっていく仲間内で差別が起きている」と、この運動への否定的意見も出てきています。
こんなことに一生懸命になっていると、LGBT全体を見る目が厳しくなってしまうでしょう。一致団結して権利を獲得していくことが今は特に大事であると思います。そんなことやってる場合か!ですよね。
あなたはどう思いますか?

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。