いよいよ、ゲイ告白の最終章 石橋を叩く

特殊案件9

 

お待ちしておりました。

 

それでは、最終章のはじまりです。

 

 

と言いたいとこをですが

 

この段階に片足をいれていただいた

 

『あなたに」

 

まずは、確認をしていきたいと思います。

 

 

前回、前々回から見ていただき

ありがとうございます。

 

あなたにとって最高の人生となるよう

日々話させていただいておりますが

 

ここまでいかがでしたか?

 

 

わかりにくい部分など、ありませんでしたか?

 

 

告白に向けての、最善を尽くしていきたいと

思いますので、厳しいことを言われるかもしれませんが

 

あなたの、いや

 

自分のためであるということを、再認識してください。

 

 

この問題は、誰かの問題ではないのです。

 

 

今まさに、この文章を読んでいる

 

「あなた」

 

の問題なのです。

 

 

ここまで、言っていれば

 

もうわかったから、早く先に

 

進んでくれと言っている方も

いるのではないでしょうか。

 

 

しかし、先走りしすぎてはいけません!

 

 

石橋を叩いて渡る覚悟でのぞんでいきましょうね!

 

 

 

あなたが、父親に「自分はゲイだ」と告白したとしましょう

 

この時、息子から言われたことに対して

父親は、どのように思うと思いますか?

 

今まで、それとなく感ずいていた父であれば

やっぱりそうだったのか。

 

と確信を持つことができたことと

言ってくれたことへの感謝の気持ちを

 

持つのではないでしょうか。

 

これは、あくまでも絶対にこのように

なるわけではないので

 

以前の記事を参考にしてくださいね。

 

 

息子がゲイであることを何も知らずいた

 

父親であれば、なにか犯罪を犯してしまった

時のように驚かれるのではないでしょうか。

 

一瞬ハッとなり、その後に冷静になって

考えてくれるはずです。

 

何を言っているのかわからず、動揺してしまう

父親の方も中にはいて

 

大きな声で怒鳴ってしまうこともあるそうですが

そこで、あなたも理解されないことに腹を立てて

 

同じように怒鳴ることは、絶対にしないでください!

 

これだけは、何回言ったとしてもその場の

感情次第で、今この記事を読んでいるような

 

精神状態ではなくなってしまい

つい、言ってしまうかもしれませんが

 

あなたは、落ち着いていてくださいね。

 

なんとなくイメージが湧いてきましたか?

この調子で、準備していきましょうね!

 

 

 

それでは、じゃぁ~に~

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。