LGBTの理解促進を目指すLetibeeの榎本さんにインタビューを受けて私の感想①

クリックすると新しいウィンドウで開きます

多様性、そしてLGBTの理解促進を目指すLetibeeの榎本さんにインタビューを受けて私の感想。
「WEB・IT業界の企業こそ率先してLGBTフレンドリーになるべき」と語る彼女の真意とは。
「あなたの会社ではLGBTへの理解が進んでいますか?」

これに対してハイ!と答えられる会社はどれだけあるのでしょう。

LGBTとは女性同性愛者(Lesbian)、男性同性愛者(Gay)、両性愛者(Bisexual)、性同一性障害含む性別越境者など(Transgender)の人々の頭文字をとったものです。
(また、彼らを支援する異性愛者をストレート・アライというそうです。)

LGBTの割合はおよそ20人に1人、これは左利きの人もそれぐらいらしいですが、
先日、日本で、“同性パートナーシップを結婚に相当する関係として認める”条例が渋谷区で決まりましたね。
覚えてますでしょうか?

「同性間の言動でもセクシャルハラスメントにあたる」という男女雇用機会均等法改正が2014年にあった。

LGBTの性的マイノリティーも対象ということを厚生労働省が示した形だ。

欧米ではLGBTを含む人権問題は議論が活発です。特に世界的なIT企業は毎年多様性のレポートを競うように公開している。
―日本でも、企業単位での積極的な取り組みが求められているいま、
なぜLetibeeとガイアックスは性的少数派に向け様々な支援を行なうことになったのでしょうか。

根源にあるのは企業内における多様性の実現と理解を促進させたいという思いです。その中で、LGBTが大きな要素を占めているという考えです。

つまり、これは人の多様性を受け入れる社風を作りたいということでしょうね。理解し、その人の考えが生かせれば起業にとっては大きいでしょうね。

私はLGBTの当事者ですが、ガイアックスはもともと「フリー・フラット・オープン」という社風が根付いており、
自分のセクシャリティをオープンにしても誰も特別気にしない環境がありました。ですので、
私自身がセクシャリティに関わることで強いストレスを職場で感じることはありませんでした。

これですよね。5~7%と言われているLGBTの方を割合でなく人数で考えたときに、1万人の企業の中には500-700人いるわけで、この人たちが働きにくさを感じているならこれは大問題になりますよね。

けれど社会人を2-3年経験して、自分の働く環境がすごく恵まれているなと、いろんなことを通して気づいたんです。
同じ性的マイノリティーの中には日々差別的な発言や行動を受けていたり、隠し続けてすごく居心地の悪い生活を送っている人がいると。

企業から変えていくことで今後そういう思いをする人が増えないようにしたい。その思いから、ガイアックスの有志とともに取り組みをスタートさせました。

たしかに世間的に見ればテレビでよくLGBTの方をみるようになってきたのですが、ホントに最近で、一般的には受け入れられていないんだろうなという感じを個人的には受けますよね。

LGBTの理解促進を目指すLetibeeの榎本さんにインタビューを受けて私の感想②へ続く

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。