海外のゲイはオネエ言葉を使うの!?

特殊案件11−22 4

 
日本を代表するオネエ言葉使いとしておすぎさんがいらっしゃいますよね。わたしと普通に使ったりイイのよ。と語尾によをつけたり、〜ねをつけたり、そんな人が海外に入るのでしょうか?
こんな単純な疑問を解決するべくアメリカに住んでいる人に実際聞いてみることにした。
聞いたのは10年以上アメリカに住んでいた人、もちろん今現在もアメリカに住んでいる人だ。
そもそもオネエ言葉ってどこからきたのでしょうね。女性が使っていたことばを男の人が女性ぽくつかうのがはじまりなのではないでしょうか。
日本では語尾を変えたり、語尾のイントネーションを変えることで相手に話している内容の伝え方というものが変わってきます。アメリカもイントネーションを変えるということもあるようですがそれだけではなくつかう単語そのものが違うそうです。女性がよく使う単語というのがあってそれを男性が使っていると普通からすると変に思われるそうです。
そして大きな違いはこれではないでしょうか!
この単語を使えばゲイ確定といったものまであるそうです。
にほんからすると考えられないですよね。これ言ったらゲイと思われるとかって罰ゲームで言わされたりしそうな気がしませんか?
文化の違いによってこういったことも変化してくるとわかるとおもしろいですよね。海外は日本と違って同性愛者を受け入れる覚悟があまりなにのも影響を与えているのかもしれませんね。
 
それでは、じゃぁ〜にぃ〜 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。