LGBTQIに対するスターの見解④

アカデミー主演女優賞に輝いた『アリスのままで』ジュリアン・ムーアのコメント到着 日本を代表するあの女優も大絶賛人は本来、どのように恋をするとかってことは、自由であるべきだと思いませんか?今までの世間ではそれを許さない社会でした。
LGBTへの差別や不平等について、LGBTQIに対するスターの見解③で出てきた最近、ツイッターにはまっているジュリアン・ムーアは、以下のように語っている。

「差別的な行動をとる人は、LGBTを別世界のことだと感じていると思う。
自分の家族や友人、近所の人がゲイやトランスジェンダーであるとしたら、彼らの立場に立って物事を考えられるのでは?」。

ジュリアン・ムーアのインタビューより

このメッセージは、何事にもつながりますね。

ただ、理屈ではわかっているけど、本能的には理解するのは難しいですよね。

今の社会でLGBTの人がカミングアウトしづらい環境にあるのは、まさにそういう所だと思います。
そして、性別や恋愛などの前に、自分に嘘をついて生きていくということは人として何よりも辛いことであると思いませんか?
ブラットピットとアンジェリーナジョリーの9歳の娘シャイロちゃんは男っぽい服を好み、短髪だ。“ジョン”と呼ばないとシカとするらしい。そんなシャイロちゃんと、親であるブラピ&アンジーに何だこいつらという感じで報道するメディアに向け放ったアンジーの言葉はこれだ!

「自分の子どもに、自分以外の誰かになるよう強要するような親には絶対にならない」。

まともですよね。余談ですが、アンジェリーナジョリーは頭が良くて有名らしいですね。
セレブやクリエイターたちのLGBTQIとしての活動や言葉は、LGBTQIの方への励みになることや、今の社会の在り方などを教えてくれる。
世界がよりよい世界になることはみんな望んでいるはずだ。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。