そうだったのか!中国のゲイ男性の結婚考とは?

中国の今時ゲイ男性の結婚感とは
現在の中国のゲイ男性の結婚感とは

 

中国のQuingdao University教授Zhang Bei-chuanの調査では16百万人の女性が実はゲイ男性と結婚していると報告が。

中国ゲイ男性のうち約90%が社会的理由で結婚しており、2010年現在の中国人口13億人のうち3%の成人がゲイ・ストレート間の結婚関係があると述べています。

ゲイ男性と結婚し、同じ状況にある女性を支援するウェブサイトを運営している29歳のWiao Yaoは語っています。

「私が知る限り、大体のゲイ男性の妻は決して愛する事がない夫に耐えている現状があります。そしてわたしのように、夫に虐待されている人も中にはいます。夫自身もそれなりのプレッシャーの中で生きていますが。私のサイトはこのような女性たちが孤独ではないし、正しい選択をするよう勇気づけています。」

中国では1997年にホモセクシャリティが犯罪という事は無くなり、2001年には精神障害の扱いからも外されました。しかし、非差別法や同性婚などのゲイの法的保護はほぼなく、また政府の強力な検閲下にあります。

さて、どうでしょうか。好きでもない人と結婚しなければいけないというのは人生ではかなりの苦痛ですし、絶対に避けたいことですが、一方で「普通」の生き方をしないことから社会的に疎外される事も、人生を生きていく中で大きな障害になってしまいます。

結果、ゲイの結婚を考えたら、「好きでもない人と結婚することでの苦痛・人生の浪費」と「『普通』の人生を送らないことでの社会的な障害」とのトレードオフとなるのでしょうか。

最近欧米では、ゲイだから社会的に不利になることが少なくなり(多くのLGBT団体の努力の結晶ですね。)、「『普通』の人生を送らないことでの社会的な障害」が極端に減少していると思います。そのため、厳格な家庭やクリスチャンなどの特殊な事情がある人以外は、同性婚をする、ゲイパートナーと暮らす、という人が増えているのではないでしょうか。

一方、中国ではまだまだ「『普通』の人生を送らないことでの社会的な障害」がかなり大きく、女性と結婚する現状が。

しかしどうでしょう。ゲイを一つの思想ととらえた場合、中国共産党にとって少なくとも民主化の運動家や独立を目指す地方民族よりは危険は少ないとも言えます。ある調査では、国民の9割がゲイであることは就職に影響はでないと答え、同性婚も認める必要があると伝えています(2007年、中国通信網)。中国の人口は膨大ですし、その分ゲイの数も膨大になります。いずれ中国が世界最大のゲイ大国となっても不思議ではないですね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。