ゲイの出会いが昔に比べ簡単になってきた?

ゲイの出会い
ゲイの出会いは簡単になってる?

 

ゲイの出会い事情はノンケの人と中々同じようにはいかないですよね。

ヨーロッパ周辺だとか、先進的な価値観が広く国民に共有されている国とかなら別ですが、
ここ日本は(昔に比べるとマシにはなったが)古臭い慣習が今もありますね。

それに、日本特有の恥じらい、というよりは世間体など?
何かよく分からないですが、人前での体面を気にする文化が深く根付いている影響かもですね。

とにかく

『僕はゲイだからゲイの人一緒に楽しもう!』

って大きな声で中々言えないですよね。

そういう事情もあり、ゲイの出会いは自然と人目を避けた場所や時間で生まれてきました。

しかも昔は、ネット環境も発展していない時代・・・。
口コミで情報が広まる感じだったんで、出会いに関する情報が中々少なかったんですね。

たとえ数少ない情報を元にゲイバーなどの場所に行ったとしても、すでにコミュニティがあり、すでにカップルが出来上がっていたる事が多いので、出会いのきっかけはあるかも知れないがそこからカップルになるのは正直な話、非常に難しい閉鎖的な雰囲気がありましたね。

しかし、ある理由で、そんな悲観的状況は解決されてきています。
それはネットが普及して、簡単に情報が得やすくなったという事。

インターネットの世界では、匿名での発言が簡単です。
つまり、バレずに、積極的に情報を集める事が出来るようになったということです。
しかもネット上は、同じ趣味、志向を持つもの同士は結びつきやすいですよね。夜しか活動出来ない人、地方に住んでる人、そんな人同士が簡単に情報交換出来るようになりました。

今では、検索すると膨大な数のゲイ情報にアクセスできますし、
ゲイを公言する芸能人が日々テレビなどメディアに出るようになったりして、
以前に比べると凄く頻繁にゲイ情報を目にする事が増えましたね。

まだ 『ゲイ』 という言葉が社会的に完全に認知されているとは言えないですけど、
以前よりは受け入れられる土壌も出来てきたんじゃないでしょうか。

こうしたこともあって、現在ではネットを媒体にして、様々な出会いが生まれています。
出会い系サイト、SNS、twitterなどのツールも利用されていますよね。

そしてそういったネット通信環境が活発になった事によって、リアルな場、つまり、ゲイバーなどの
ゲイ専用の社交場などもオープンリーになってきたりと良い相乗効果が生まれています。
昔は知る人ぞ知るといった暗い雰囲気だった場所も、驚くほどに盛況だったりしますね。

つまり今は、昔とは比較にならない程、ゲイの出会い事情が改善されたというわけです。

 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。