ゲイの両親に育てられた少年が渾身のスピーチで絶賛!

ゲイの両親に育てられた少年
ゲイの両親に育てられる子供

 

同性愛者の権利に関する問題は、アメリカや欧米、海外では熱い話題の1つである。オバマ大統領のように、現職の大統領としてはじめて同性愛婚支持を表明した人がいる中、「同姓婚なんて認めない」という人現状では多数いる。

そのような中、同性愛者の集会会場で行われた12歳の少年によるスピーチが、感動的したと話題になっている。少年の両親は、実は2人ともゲイ。元々は男性である2人の「母親」に育てられたという事だ。その少年の姿はYouTubeでも確認できるそうだ。

ライリー・ハックフォード君は、ゲイである2人の両親に育てられた12歳の少年です。その彼が、アメリカのソルトレイクシティで行われた同性愛者の集会で、スピーチをすることに。

なお、ユタ州は、昨年にようやく同性婚が認められたばかりの州です。しかし、州側が控訴して、結婚の承認が差し止められたりと、同性婚問題をめぐり色々揺れています。そんなホ話題の州で行うことになった彼のスピーチのテーマは、「ゲイの両親に育てられた経験について」。

大人数の前でのスピーチというと、みんな緊張しそうだが、彼なまったくそんな事は気にはならなかった。やがて彼が「今日、私は愛、家族、平等の権利についてのスピーチに来ました」と話しはじめ、自分が愛情に溢れて育ってきたと語る。

「僕の母親がゲイいう理由で、僕が愛情に恵まれた家庭で育ったことを疑う人がいます。しかし、その考えは間違っています。僕は母親たちを愛し、2人の母親と兄、家族みんな僕を無条件で愛してくれています」。

その後、彼は自分が家族によって守られていることに触れ、両親の結婚は当然認められるべきだと、スピーチを締めくくった。

彼のスピーチが公開されると、「すごい子供だな」「両親はうらやましいな」といった賞賛のコメントが多く寄せられた。問題が問題だけに、もとろん色んな意見が書き込まれているが、しかし12歳の少年が、話題の場所で話題のテーマのスピーチを非常にクールにする姿は、まさしく凄いの一言です。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。