ゲイカップルは異性カップルに比べ子供との時間を大事にする!?

ゲイカップルの子供との時間
ゲイカップルは子供に費やす時間が長い!?

 

子供を持つゲイカップルは、同条件の異性カップルに比べ、子供のために費やす時間が多いとする発表がされました。

 

これは、英米で増える子供を持つ同性カップルへの非難を解消するために行われ、American Time Use Survey(2003年~2013年)のデータを元に、米テキサス大学のケイト・プリケット博士らが調査しました。

 

同調査では、子供への宿題、一緒のお風呂時間、絵本の読み聞かせなど、子供が中心となる活動に費やす時間を、親のセクシャリティ(ゲイカップル、レズビアンカップル、異性カップル)で色々異なるのかをリサーチしました。

その結果、同性カップルが子供に費やす時間は一日平均3.5時間、異性カップルは一日平均2.5時間で、同性カップルの方が平均1時間多かったのです。

また、異性カップルの母親が子供と接する時間は一日約100分ぐらいで、異性カップルの父親はその半分以下という結果に。

プリケット博士によると、同性カップルの場合、人工授精や代理母など様々な問題があるため、子供を持ちたいという気持ちが強く、子供と接する時間に比例しているのではないでしょうか?

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。