ゲイ男性、20年ぶりの突然のメッセージに感動!

20年目の謝罪
ゲイ男性が20年目に謝罪を受ける

 

ロサンゼルス在住のチャド・マイケル・モリセットさん(ChadMichael Morissette)が、自身のフェイスブックで受け取ったメッセージが感動的だと話題に。

 

彼は、中学、高校とゲイを理由にイジメを受け、学生時代の記憶は最悪だったと語っている。

突然20年前の中学時代のいじめっ子から、フェイスブックにメッセージが送られてきた。

「久しぶりだな、チャド。俺は最近、10歳になる娘がおり、その娘といじめについて話していたんだ。娘に『パパは今まで誰かをいじめた経験はあるの?』と聞かれて、俺は『ああ、いじめたこ経験はあるよ』と言わなければならなかった。その時、ふと中学時代に君にしたいじめを思い出してしまったよ。最近それをずっと考えていて、面と向かって謝罪したいんだ。君が覚えているかどうかはわから無いけど、あの時君にしたいじめを本当に心から後悔している。本当に申し訳ない。」

 

突然20年ぶりにいじめっ子からメッセージを受け取ったチャド。

彼はこの突然の謝罪メッセージに感動し涙したという。数日返信するか悩んだが思い切って返信した。

「突然のメッセージだったけど感動したよ。謝ってくれて本当にありがとう!あれから20年経つがいじめたことを謝罪してくれたのは君一人だけだよ。このように僕に謝罪してくれたことを、娘さんに自信を持って話しあげてほしい。当時の僕らは若かったんだ、20年後このようなかたちで謝罪してくれる事を誰が想像できたかってね。本当にメッセージをくれてありがとう。」

 

「とんでもない、こちらこそありがとう。君の寛容な心には驚いたよ。君が許してくれた事をこれからもずっと胸に秘めているよ。本当にありがとう!」

とメッセージは締めくくられている。

LGBTへのいじめがアメリカ含め、世界中で深刻な問題になっており、いじめを苦に自殺する10代が昔も今も依然として多い状況だ。

今回のチャドと元いじめっ子の20年ぶりの突然の謝罪メッセージに、世界中のLGBTが勇気付けられたでしょう。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。