同姓パートナー制度が台湾で今年実施されていた

台湾で同姓パートナー制度
同姓パートナー制度に喜ぶゲイたち

 

台湾で初となる同性パートナー登録制度が2015年5月20日より開始されましたね。

この同姓パートナー制度は台湾全土ではなく、台湾第二の経済都市である高雄(カオシュン)市で施行されたみたいです。

高雄市の民事局事務総長は「シンボリック(象徴的)な登録証明書」と今回の条例発行について語っており、同証明書により遺産相続などの権利は得られないものの、手続きすることによりパートナーの手術時の同意等が可能になったみたいです。

また、今回の証明書は同性婚とは異なり、あくまでもシンボリックな物であると主張しています。登録受付は2015年5月20日からすでに始まっています。

台湾では、2014年10月に実施した1660人対象のオンライン調査にて、約68%が同性婚を支持するという高い結果を得ており、今回の証明書発行には当然の結果ですね。まだ制度面では法的効力は弱いものの、同性婚へ向けて一歩前進したといえるでしょう。

また、今年1月ベトナムがアジア初の同性婚可能国となったことが大きな話題となりましたが、今回の台湾の証明書発行、日本でも東京・渋谷区パートナーシップ条例など、2015年はアジアのLGBT元年になるかもしれないですね。

これからさらなる期待を持ちましょう!

 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。