英国ではゲイ、同姓カップルが迎いいれた養子たちは何と3倍以上に!

ゲイカップルの養子
英国での同姓カップルの養子たち

 

渋谷区の同性カップルへの施策をきっかけに、同性婚に関する議論が国内で活発化してきていますね。

同性婚を認めると「少子化が進む」などという反対意見もみられますが、ここで英国・イングランドの養子縁組の事例を見て一度見て欲しいですね。

 

英国では2005年、同性カップルに異性カップルと同じ養子縁組の権利を認める「市民パートナー」法が施行されています。(2013年には同性婚法案可決)LGBT養親/里親家庭支援団体によると、英・イングランドで同性カップルに引き取られた養子の数は、2007年時点ではまだ90人と少数ですが、2014年には340人に増加しています。伸び率はなんと約3.8倍という高い結果に年々なってきています。

英・児童支援チャリティ団体Barnardo’sによると、2014年は養子縁組を手配した123人の子供のうち、その内16人がLGBTの養親のもとに迎え入れられています。これは全体の13%に登り、全国平均の2倍以上高い数値ということです。

英国の例から、LGBTたちが里親家庭・養子縁組家庭の重要な受け皿となっていることが分かります。子供を持てないLGBTだからこそ、里親制度を利用するケースも年々増加してきており、結果として少子化に貢献している結果が。

ここ日本では里親制度についてはどうでしょうか?

日本は、里親制度の普及率12%(2011年時点)と、世界の先進国に比べ平均5分の一以下というまだまだ非常に低い傾向があります。

日本では施設依存型の為、ほとんどの児童が里親に引き取られることなく成人に至る現状があります。これを改善する為、様々なNPO団体が里親制度の普及するために様々な努力をしています。

また、LGBTの養子縁組をサポートする団体、レインボーフォスターケア(RFC)も活動を積極的に行っています。

ここ日本において里親の普及を図る上でも、同性婚は大きなメリットになるのではないでしょうか。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。