ゲイの同級生の彼にやられて。

yjimage ゲイ

 

 

 

 

 

 

学校の同窓会にお招きされ当時の同級生と20数年ぶりに再会した。みんなそれなりに人生を歩んでいるようで会社を興して社長になった人も入れば、貧困に苦しんでいる人も入るようで各々さまざまな人生を歩んでいることが伺える。

同窓会が始まると酒が入り懐かしさで学生の頃の思い出話や最近の出来事など色々な話で盛り上がっていた。
その時、当時同じクラスで中が良かった彼と会うことができた。

相手は最初私の事が誰だかわからなかったようだが、学生の頃のニックネームや役割などを話すと私のことを思い出してくれた。

そこでさらに盛り上がり酒を飲んで色々な話をした。そこで分かったのは彼は結婚に失敗しており現在一人暮らし。

離婚に至った原因などを尋ねるとどうも夜の関係、性の不一致らしく体の愛称が合わないことが原因らしい。

詳しく聞いてみると夜の行為の時、彼は激しく責めてくる方でエスカレートしてくるといろんなことを要求してくるらしい。

結婚当初はそれなりに上手くいっていたが年数を積み重ねてくると奥さんの方がついてこれなく夫にたいして苦痛を感じるようになりその後、夜の行為はまったくないとの事。
そんな話を聞きながら酒を飲んでいるとき、ついうっかりしてグラスを床に落としてしまい慌てて床にしゃがみ込むと彼の股を見てしまった。

ズボンの膨らみぐあいから大きいことは感じ取れ、でかいイチモツをしているなぁと思った。

会場での時間が終わりに近づき2次会へ行こうという話しになりお互いほろ酔いで気分も良かったのでそのまま2次会へ向かうことになった。

2次会も始まりさらに楽しく盛り上がっていた頃、飲みすぎたのか急に体調が悪くなり店内のトイレに行きたくなりその事を相手に言うとじゃあ俺もトイレ近いから一緒にいくと言いトイレに2人で向かった。

トイレに入ったとたん急に洋室トイレに入れられて抱きついてきた。私はびっくりして払いのけようとしたが力があり押さえつけられて払いのけられない。
その時彼が、「俺我慢できないんだ・・・」と言って私の股を触ってきた。

激しく弄られるとだんだん大きくなってくるのを相手が分かると私のズボンを脱がして私のイチモツを加え始めた。

私は突然のことで逃げたくても逃げられず生板の魚と同じ状態。だがだんだん変な気持ちになってきて力が向けていくのが分かる。
彼もズボンを脱いで「後ろに入れさせてくれ?」そう言って返事もいわないうちに体の向きを変えられ無理やり後ろから強引に入れられた。
初めての事なので最初は痛みがあったがだんだん気持ちが良くなりおかしな気持ちになっていく自分がいる。

腰の動きが早かったり遅かったり微妙な動きで攻め続ける。
ついに果ててしまい、「ごめん…。久々だったから我慢できなかったんだ。

でも気持ちよかったよ。」と言うとズボンを履いて「今度広い場所でやろうね」と言って先に洋式トイレから出て行った。同級生からの思っても見ない突然の出来事で驚いたが私自身にもそういった傾向があることに気がついた体験でもありました。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。