兄が多いとゲイになりやすい?

ゲイになりやすい兄弟
兄が多いとゲイになりやすい弟

 

カナダの研究で兄が複数いる弟はゲイになりやすいという事が判明しました。

オンタリオのブロック大学の研究者が7年前にホモセクシュアルについての研究を始めました。944人のゲイとそうでない男性を分析し、ニューサイエンティストマガジンで、長男のゲイになる確率は3%で、四男のゲイの確立はなんと6%であると発表しました。

現在研究者たちはそのメカニズムの分析など、さらなる研究をしています。

研究者たちによると、母親が男の子を妊娠中に免疫反応ができ、男の子を妊娠するたびに、その子の性に関係する脳の一部が影響される事が原因のひとつだということです。

義理の兄がいる男性も調べて見たところ、やはり実の兄が複数いる弟では、この兆候があることも分かりました。

また姉妹関しては、妹がレズビアンになるという関係性は全くないという事です。

2006年の研究で、生物学的メカニズムの主張を強くしていますが、母親の妊娠期間中にどの要因が変化をもたらすかを決める特定の研究はされてないです、と研究リーダー、ブロック大学のアンソニー ボガート氏はハフポストで述べています。

今している事は、その特定のメカニズムを探し出し、証拠を見つけていくことです。現在、ゲイと異性愛者の男性の母親を研究し、母親の免疫反応の有無を研究しています。それはとてもユニークで新しい研究だ、とボガート氏は言っています。

彼の研究では育ちより、生まれのほうが、ゲイと深く関わりがあるのでないかを示しています。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。