ノンケなのにところてんでいってしまう男娘にはまるオレ

特殊案件12−2 2

 
この前、男娘とセックスした時の話だが、俺は会社員で27歳。むかしボート部に入っていたこともあってかなり筋肉質の体つきをしているのだが女には惹かれるくらいだがホモには人気があった!
会社帰りにスタバに行ってコーヒーを飲んでスマホでエロ画像をみていると今日れるな視線を感じたのでみてみるとひとりの女性が隣の席いいですか?と聞いてきた。周りを見渡すと満員になっていたのだ。
全力の笑顔でどうぞと答えると、彼女もありがとうございますと返してくれた。それからも普通にスマホをみていると彼女の方から話しかけてきた。俺は日本で打ていないスマホより少し大きめのものを使っていたのだがどうやらそれが気になっていたらしい。
日本にないものなので設定なども自分でやらねくちゃいけないのだがその辺のことも彼女はしっていたが自分ではできませんと言いてきたので、それくらいならオレやろっか!?と返すと、キラキラさせた目で「ほんとですか!?」と聞いてきた。お、おう!と返すことしかできなかった。
そんなことで彼女の家に行って設定などする約束をしてその日は終わった。それからモノが届くまでなんどかスタバで一緒にコーヒー飲んだりした。当日を迎え設定も完了しひと段落したところで彼女から目をつぶってこっちに寄ってきたのだ。そのままキスするがどうも慣れてない感じだったがそのまま続けた。私がやるねと言ってズボンを脱がされてパックと加えられるとスゲェ上手だった。もう我慢できんと思った俺は彼女のスカートの中に手を入れた。「まっ待って」その時には遅かった。
なにか大きいモノを俺は握ってしまっていた。えっ?どうゆうこと?
言いたくなかったんですと可愛らしい顔をして言ってきた。俺は怒るどころかなんでこんなに可愛い子が男なんだとそのまま受け入れることに対して疑問もなくすんなりと受け入れていって。握ってしまった手でそのギンギンになったチンポをしごきまくっていると彼女も俺のを一生懸命にしごいてきた。こんな可愛いことならなんでもできるとその時思ってしまった。それから俺たちは付き合うことになってケツマンという新しいモノをてにいれた!
 
みんなのゲイエッチより引用 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。