LGBTが働きやすい会社とは?2016年版

ゲイが働きやい職場
ゲイがアメリカで働きやすい職場とは

LGBTがアメリカで働きやすい職場はどこなのか?先頃発表がありました。

企業平等指数というものがあり、どういうものかというと、レスビアン、ゲイ、バイセクシャルそしてトランスジェンダー(LGBT)が、職場でどれくらい平等に扱われているかを知る手段として使われてます。

アメリカの非営利団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」が毎年発表している企業平等指数で、最高評価を受けたのがスターバックス、ホールマーク、ノードストロームの3社です。

企業平等指数は2002年にできたものです。

2016年版では1024社が評価を受け、ドメスティック・パートナー(法的には認められていないが実質的な婚姻関係にあるカップル)手当やヘルスケア、そして LGBTコミュニティとの一般的な関わりが査定されました。

100点満点の評価を得た会社がある。その会社は、アップル、ゼロックス、ツイッター、ウーバー、エアビーアンドビーなどです。これらの企業は今までも企業平等指数ではリーダー的な存在でした。

反対に得点が低い企業も当然ある。、薬局チェーンのライトエイド、家電量販店のラジオシャック、BJ’sホールセールなどで、得点はそれぞれ、65、40、25となった。

ヒューマン・ライツ・キャンペーンのサイトに掲載されたブログには、この結果が「主要な企業が、事業全体にわたって平等を実現するために進む道のりの長さ」を表しているとされている。

そのブログでは「高い平等性を達成している企業は讃えられるべきですが、残された課題はまだたくさんあります」と記されている。「企業と協力して、公共政策と労働環境の改善を前進させる事が必要です」。

日本でもしっかりと平等に扱う企業が1社でも増えること事を望みます。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。