ゲイは生まれる前からすでに決まっている!?

ゲイになる理由
ゲイはすでに生まれる前に決まっている?

 

なぜ同性愛者が生まれるか?今まで科学者たちの頭を悩ませてきました。進化論的には同じ性別のカップルは子供を産めないため、同性愛者は淘汰されていきます。その一方で、同性愛者の多い一族も多数存在、動物界でも同性愛が多く、遺伝的要因も研究されてきましたが、いまだ解明されていません。

そんな中、学術誌『The Quarterly Review of Biology』に発表された「同性愛者が生まれる原因は遺伝ではなく、胎内で決定される後成遺伝的要因にある」という研究結果に世間は話題沸騰です。詳しく言うと「別性の親子の間(母と息子、父と娘)で恋愛対象そのものが引き継がれることがある」という結果です。

米カリフォルニア・サンタ・バーバラ大学の進化生物学チームがこの研究を行いました。最新の生物学ではエピジェネティクス(epigenetics)と呼ばれる、今までの遺伝子学では説明しきれない領域の研究が盛んに行われていて、今回の研究の鍵となったのも「エピマーク(epi-marks)」という後成遺伝子の要素という事です。

このエピマークは遺伝子情報の命令を司り、母親の胎内で早期に作られ、性別や生殖器の発達や、女の子の胎児が過剰な男性ホルモンにさらされた時に男性化を防いでくれるなど(逆も同じ)、非常に重要な要素です。

そして、恋愛対象となる性別=性対象を決定している要素もこのエピマークです。普通は胎児本人の1世代にしか作用しないのですが、まれに世代をまたぐことがあり、その場合は「母から息子へ、父から娘に」引き継がれるみたいです。つまり、異性愛者である母親の息子は男の子を好きに、父親の娘は女の子が好きになるという事です。
その他にも環境や心理など様々な要因も指摘されますが、人間というのはまだまだ解明されないことも様々あり、

不思議で今後も色々な発見があるでしょうね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。