ニューハーフに変わっていった幼なじみとエッチになるまで

特殊案件12−6 3

 

幼なじみが、ニューハーフになっていたという男の話。その幼なじみとエッチな雰囲気になってしまい、彼の部屋に行った時の話。

「今日はかなりのんじゃったね~。先にお風呂入るね。」と言って幼なじみはお風呂に入っていった。

シャワーの音が聞こえてきた。俺はテレビをつけてソファーに座ってタバコを吸っていた。

もう酒はいらないのでスポーツドリンクを近くのコンビニで買っていた。

それを飲みながら、彼が戻ってくるのを待っていた。

「どうする?一緒に入る?」と聞かれて断ることもなく、おう!入るよ。と答える。

すぐに服を脱ぎバスルームに入った。

体を洗い終わって湯船に浸かりながら「乳首は感じるの?」と聞くとここは自前だからねと自慢げに答えてきたので、触ってやった!転がすように触っていると下の方がだんだん反応してきたようでその大きくなったのに気がつかれ、ペニスをゆっくりとしたペースで上下に動かし始めた。

次は口と手を使っての手法のフェラになって俺は最終的にこれでイカされた。

風呂からでてベットの方に行くことになり、あの手法のフェラですぐに大きくなった。

ローションをつけてかなりきついであろうと予想したアナルに入れることになった。

穴に先端を当て、腰をゆっくり前に突き出した。押し込むように当てていくとあっさりと彼の中にはいった。そこからさらに腰を前に動かし、深く入れていく。俺のペニスが根元まで入り込んだ!

だんだんと動くスピードが速くなるにつれ彼も動きに合わせた声が出ていた。締め付けの感覚は女性とは違うものの気持ちよかった。今までにない感覚を楽しむように俺は腰をもっと速く動かしていった。そうするとわざとやっているのかわからないが締まりがさっきとはまるで変わるほど強くなっていった。彼の背中にもたれかかるようにして全身精子が一気に流れ出てきた。

こんなに大量の瀬氏が出てきたことは今までなかっただろう。

そのまま2人で眠って朝を迎えることになった。

 

みんなのゲイエッチより引用

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。