国内でLGBTの職場での現状とは

日本の会社のLGBTの現状
日本の職場はLGBTに対して閉鎖的なのか?

 

最近ある調査結果が明らかになりました。職場におけるLGBT調査がおこなわれ、日本は他国と比べまだまだ閉鎖的な職場環境であるということが明らかになりました。

これは、世界最大級の人材サービス会社ランスタッドが発表した、世界34カ国で18~65歳に実施した労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」による調査の結果です。

同調査結果によると、「職場の多様性は大切である」に同意した日本人は82.5%で、これは世界平均とほぼ変わらない結果となりました。

しかし、「オープンで多様性を受け入れる企業文化である」「職場でLGBTは差別の対象にならない」の項目においては、世界平均でなんと下位レベルという結果に。

ランスタッドの人事部本部長の話によると、「電通が発表したLGBT調査によると13名に1名が性的マイノリティーという計算。しかし、8割の人々が「LGBTの同僚がいない」と回答しているが、実際にはいてるが、いないではなく、その当事者自身が公表していない、または公表しづらい職場の雰囲気がまだまだあるのが現状。」

続けて、「多様性を重んじる社内体制を整えて企業価値を上げ、労働者からも一般の方からも選ばれる企業になる、一層厳しくなる採用競争の中で企業が存続するために、人事戦略の一つとして考える時期になっているのではないだろうか」と、多様性のある職場環境への重要性が今後はさらに重要であると語っています。

あなたの同僚や先輩、後輩にもLGBTはけっこういてるかも知れませんね。

早く国内でもオープンな職場環境になればと思います。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。