ウイーンでゲイの信号機が登場し話題に

ゲイ信号
オーストリアでゲイ信号が登場

 

世界には信号は色々あるがオーストリアの首都ウィーンで、ゲイをテーマにした信号が登場して話題になっています。

歩行者信号機の「止まれ」「進め」の表示を、なんとゲイカップル&レズビアンカップル仕様に大胆チェンジしたみたいです!既にウィーン市内で10数カ所以上に「設置しているみたいです。

ではなぜウィーンがこのようなゲイフレンドリーな信号を設置したのか疑問も沸きますがと、5月に開催された欧州最大級の祭典『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015』が開催されてそれにあわせたみたいです。

昨年のユーロヴィジョンでは『ヒゲ女装』のコンチータ・ヴルストが優勝したことが話題になり記憶に新しいです。コンチータの優勝によりヨーロッパ全体でLGBTムーブメントが生まれ、同コンテスト開催地のウィーンではLGBTフレンドリー都市化が進んでいます。

ウィーンの都市照明の担当者によると、「ウィーンは偏見の無い都市」をアピールするべく、ゲイ信号を設置しドライバーと歩行者の注意を引きつけたいと話しています。

このように少しづつでもゲイなどが認知されていくことはいいですね。

ここ日本でもこれからいろんなムーブメントが生まれることを期待しています。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。