HeでもSheでもない。「Ze」って何!?

2015093003
日本の小学生でも知っている英語。
彼を表す“He”。彼女を表す“She”。

この代名詞に、新たな仲間が加わろうとしています。

それは“Ze”。

“Ze”は、テネシー大学が考案し、彼にも彼女にも属さない“第三の性”を持つ人々が快適に生活できるようにと、この“Ze”という新しい代名詞を学生たちに推奨しているといいます。

アメリカ連邦最高裁判所が「同性婚をアメリカ全州で認める」という判決を下したことを受け、ホワイトハウスはレインボーカラーに染まり、ニューヨークではLGBTやその権利をサポートする人たちが“虹色の旗”を振り歓喜しました。

また、レディー・ガガなど、多くのセレブがSNSを通じ、祝福や喜びのコメントを発表しました。

オバマ大統領も「アメリカの大勝利だ」とコメントを出しましたが、野党・共和党は批判しています。
さらに、判決時も最高裁判事9人のうち5人が合憲、4人が違憲と判断し、判決自体は非常に僅差であったため、問題視する声も少なくありません。

とはいえ、やはり今回の判決によりアメリカは同性愛者を認める方向に進んでいくんですね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。