ゲイの著名人たちの人生を変えた、影響を受けた映画

人生を変えた映画
ゲイの著名人の人生を変えた映画とは

面白いアンケートが実施されました。

アメリカのニューヨーク・タイムズ紙が、同性愛者とカミングアウトしている著名人に、「人生を変えたゲイ映画」に関するアンケートを行いました。

そのなかにはレズビアン&ゲイ映画のジャンルに入らない作品もあります。一般映画の中に挿入された同性同士のラブシーンや、子どもたちが主人公の「動物と子供たちの詩」を挙げたジョン・キャメロン・ミッチェルのように、ひそかな友情や目配せの瞬間に感銘を受けた著名人や、勇気をもらったという著名人も多かったようです。

「ミルク」でアカデミー脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックは、同作でメガホンをとったガス・バン・サント監督の「マイ・プライベート・アイダホ」を挙げ、この映画のリバー・フェニックスを見たことが、のちに自身の同性愛のカミングアウトするきっかけになったとコメントしています。

おもに映画演劇界周辺のオープンゲイたちの回答は以下の通りです。下記以外に挙げられた作品には、「トーチソング・トリロジー」「Taxi zum Klo」「ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター」「ロングタイム・コンパニオン」などがあります。

▽ダスティン・ランス・ブラック(脚本家)
「マイ・プライベート・アイダホ」(91/ガス・バン・サント監督)

▽ジョン・キャメロン・ミッチェル(映画監督、俳優)
「動物と子供たちの詩」(71/スタンリー・クレイマー監督)

▽ジョン・バートレット(ファッションデザイナー)
「ケレル」(82/ライナー・ベルナー・ファスビンダー監督)

▽アイザック・ミズラヒ(ファッションデザイナー)
「モーリス」(87/ジェームズ・アイボリー監督)

▽リー・デラリア(女優、歌手)
「GO fish」(94/ローズ・トローシュ監督)

▽チェイエン・ジャクソン(俳優、歌手)
「とても素敵なこと/初恋のフェアリーテール(Beautiful Thing)」(96/ヘッティ・マクドナルド監督)

▽コールマン・ドミンゴ(俳優)
「パリ、夜は眠らない」(90/ジェニー・リビングストン監督)

▽マシュー・ブリーン(LGBT雑誌「The Advocate」編集長)
「デストラップ・死の罠」(82/シドニー・ルメット監督)

▽マイケル・ムスト(Village Voice誌コラムニスト)
「真夜中のパーティー」(70/ウィリアム・フリードキン監督)

▽ポーラ・ボーゲル(劇作家)
「ハンガー」(83/トニー・スコット監督)

▽アンドリュー・ホラーラン(作家)
「甘い生活」(60/フェデリコ・フェリーニ監督)

▽ジャスティン・ビビアン・ボンド(パフォーマンスアーティスト)
「Tongues Untied」(89/マーロン・リッグス監督)

私てきには「マイ・プライベート・アイダホ」のリバー・フェニックスはかっこよかったですね。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。