赤黒いデカチンの義父にそそられる息子

義理父
義理父のアソコにそそられる

 

俺が小学5年時に母さんが年下の男と再婚をした。

義父は確かその時は30代前半ぐらいだった。2LDKのアパートにその男がやってきた。義父は建築関係の仕事でガッチリ体系だった。荒い性格で子供嫌いだった。

夜になると、母と義父がよくやっていた。夏場、時々、義父と一緒に風呂に入る事もよくあった。よく焼けたガッチリ体系で、半剥けのデカチンをしていた。

見ないようにしていたが、気にはなった。ある時風呂上りに、トランクスでビールを飲みながら、雑誌を見ていたが、トランクスの隙間から、赤黒い、いつも見るよりデカくなったマラが今にも飛び出しそうになっていた。

あまりにもデカく凝視していると、笑いながら、「このデカチンで女が喜ぶんだ」と言って、立ち上がって、台所の母のところに行った。向こうで、母の嫌がっている声がはじめはしていたが、しばらくすると、喘ぎ声になっていた。

俺はその時、はじめて大人の勃起したちんぽを見て、なにやら興奮をしていた。それから、夜のセックスをこっそり、襖の隙間からよく覗いていた。いつか、セックス中の義父もそれに気づき、体位を変えて、接合部がよく見えるように電灯スタンドを襖の前に見えるように置いてセックスをはじめた。

母のまんこに義父のムチムチのケツガ打ち付ける、堅い黒光りする肉棒が、激しくピストンするたび、母の喘ぎ声が一段と強くなっていた。それからしばらくして、オナニーを覚え、義父のデカチンを考えながらシコることに興奮していた。中学になると義父に犯されることをよく想像していたが、罪悪感もあり、それ以上の進展というのはなかった。

高校になると家を出て寮生活を送る事に。高校を卒業する頃、義父は女遊びがひどく、母とも結局別れてしまった。今考えると、自分にとって一番興奮しそそられる男が義父だった。

あのデカチンを一度咥えておきたかった。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。