いきやすいおなべのやつとのゲイエッチ体験

特殊案件12−17

 

朝から待ち合わせをして来たのがショートカットで170ちょいの細身のホルのみ

 

適当にご飯を食べてからすぐさまホテルイン、そして湯船にお湯を張り二人揃ってシャワーをあびるのだがお互いに後ろ向きになってあびていて、俺が後ろから密かに抱きついたらビックとなってちょちょっと待ってと言わながらも俺のあそこを触ってきて「あっもうたってる」と言い返されにやけつつ照れた顔で俺の顔を見て「硬くて暖かい」といってきて嬉しそうだった。

その時俺はあんまり触られるとすぐにいちゃうからあんまりさわらないでと伝え隠した。お湯につかる時も背中合わせにしていたのだが、その時もふざけるようにじゃれていたら感じてしまい腰を震わせ股を閉じてプルプルしたあとに、いきなりしたからいちゃった、ごにょごにょしていた。

そのあとはベットに入ってビールを飲みながらどんなプレイが好きなのかを話しながら69して手コキして手マンでスポットを刺激していき俺が腰を動かすと「それまたいっちゃうから待って」といわれたのだが、仕方ないと思いつつバックで攻めることに。腰を引き上げるように動かし終始腰を反らした状態でいたがすぐにいってしまった。終わったあとはぐったりし、トイレまで連れて行ってと言われ俺は連れションを提案して2人で放尿。少し俺の尿が敏感になったチンコにかかってしまい全身汗と尿でびしょ濡れになり再度シャワーを浴びることに。その後は解散してまた後日会うことに。

 

みんなのゲイエッチより引用

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。