小学6年から中学卒業までフェラ奴隷が今となってはパートナー

特殊案件12−25

 
俺は小学6年の時に初めてフェラを経験した。しかも女からではなく男にやってもらったのだ。どうしてそうなったのか話していこう。どこの学校にもいると思うが、いじめられっ子の典型的な奴がうちの学校にもいた。体型は細身で色白みるからに弱そうな奴だった。俺はそいつにエロ本を見せて、何エロ本なんてみてるんだ!友達に言いふらすぞといってそれを理由にフェラさせた。そしてそのあとは男がなんでフェラしてんだといって二重に脅す始末。中学2になったことからそいつは、自分から率先してフェラするようになった。そうなると俺は彼女を作る理由もなく学校でも家でも好きな時にフェラさせて性欲を発散していた。そのうちそいつから俺のことが好きだというようになっていった。最初は気にもしていなかったが調べていくうちに病気であることがわかった。それからというものは、話し合いをして同じ高校に進学することにした。そして周りには言ってないが隠れて付き合うことにした。今となってはそいつは性転換を行うところまで来た。俺はそのための費用を必死に仕事して集めている。
これからもパートナーとして死ぬまで一緒にいたいと思う。
みんなのゲイエッチより引用 
 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。