元サッカー少年のゲイカップル、マークとクリスのラブセックス!

image001

世間的にも知名度がある企業に入社するため、大学まで通い念願の会社に勤めることになり、自分の欲しいものが手に入れる事が可能な稼ぎを得られるようになった。

ふと感じたのが「誰にも邪魔されない自由な生活」に憧れていた現実だった!

実家住まいだと流石にオナニーしてることを親に見つかってしまったら、ゲイの趣味があると思われるかもしれないし、自身の愛読誌でもある「ロマン」を親に見つからないように隠しておかないといけない。

勤めはじめて翌年には少しばかりだが蓄えもできてきたので半ば強引ではあるが実家を出る決意をした。

今の時点でまさか両親は息子がゲイに興味があるなんて夢にも思ってないだろう。

決めたら善は急げとばかりに早速行動にうつす。かたっぱしから不動産屋をあたって時間にして数日で新たに住むところが見つかった!

間取りは1Kであるが、なんといっても一番の魅力は駅から非常に近くアクセスが大変便利なこと。なんだかルンルン気分になりました。

そして購入したのが絶賛発売中の「ロマン」(笑)早速だが、どうやったら男性と出会えるか調べてみて会う約束を取り付けた!ゲイへの第一歩かな?

最初に知り合った人は30歳〜40歳のあいだくらいで少しガタイのいい男性だったかな?お相手の男性はゲイなのか!

彼の愛車で私を迎え入れてくれたようで、そのまま車中で相手の男性と例の行為におよんだ。

私は遂にゲイの道へ足を踏み入れてしまった。

決して女性との経験すら豊富とは言いがたい私なのに、初めてと言っても過言ではない相手が男性とは驚きと共に、ゲイも悪くない!とても冷静ではいられなかった記憶がある。

その後はゲイの魅力に取り憑かれたかのように、男と会う機会が増えました!

同性同愛者が出会うところにも初めて行って男性複数人と性行為の関係を持ちました。

新宿にゲイバーがあることも知ってますますハッピーな気分になった。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。