俺、おじさんに襲われたけど女に間違えられたのかな?

image001

僕は、ごく普通の高校生で部活を終えて自転車で帰宅中、なんだか様子が変なので見たら、チェーンが外れていたので直していた。

すると中年風のおじさんが「何か困ってるの?」声をかけてきた。

ありがたいことに一緒に手伝ってくれたので僕は、お礼を言って帰ろうとした矢先、近くの公園のトイレに連れ込まれてしまった。

唐突なことで僕には何が起こったのか分からない!振り返ると、おじさんが男を襲ってきたということはゲイの人だったのかなど考える余裕すらなかった。

しかも僕の力では太刀打ちできないような力だったので、下着をぬがされるわ、手足を縛られるなど、あっという間の出来事だった。

おじさんは僕の息子をシゴきはじめたが、手足などを縛られて自由が利かないので抵抗すら出来ない!女性じゃなく「ゲイの人でも気持ちいい?」頭が真っ白でそれどころじゃない。

もう怖くて逃げる気すら失っている!おじさん今度はローション使って僕のアレにチOポを入れてきた。

あまりの痛さに声も出ないし、どうすることもできない!結局のところ、あの人はゲイだったのかなどを含め、自分でもハッキリ覚えていない感覚だったようだ!冷静になった今なら様々なことが思い浮かぶ。

「ローションを持ってるなんておじさんはゲイ」だったのか。

男の人にエッチなことをされて興奮したり、気持ちよかったと感じたのだから自分もゲイの可能性があるのか?当時の出来事を振り返ると様々な憶測が飛びかう!

そして最後に、これからゲイの道を歩むのか?それとも人生一度きりのゲイ体験だったのか?まだわからない(笑)

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。