先輩なのにもかかわらず後輩のいいなり?

特殊案件1−19 2

先輩なのにもかかわらず後輩のいいなり?

 

15歳で今はハンドボール部のキャプテンをしています。うちは私立で中高一貫のため受験とかなく校舎もほとんど同じような状態。ハンドはあんまり強くない部活だったけれど練習など上下関係は厳しく俺はたまに後輩をどなったりすることがあって結構みんなに怖がられていました。1年生で長い間部活をサボっている奴がいて俺はそいつを部室に呼び出した。その1年は小学6年のときから悪童だったようでうちの学校にはかなりめずらしいタイプの奴だった。1年が部室に入ってきたときぎょろっとしためで俺を睨みつけてきた。俺はここに座れというとあんのじょうはぁ?と言い返してきた。おれはいいから座れと言い返してみたが全く座る様子もなかった。俺は慎重170もなく腕力も全然なにのにたいして1年は180はあるだろう、そして見るからにがっしりとしといて普通に喧嘩しても勝てる奴でないことは見るだけでわかっていた。そして、その1年が近寄ってきてこぶしを突き上げて俺に殴りかかろうとしてきた。これはまずい、やられると思い両手でガードすると痛いところはどこもない。1年は殴る真似をしただけで殴ってはこなかったのです。先輩なぐらないかわりに脱いでもらえますか?と言ってきた。そんなのできるわけないだろと思いつつもいつ殴られるかも時間の問題だったのでしかたなくも脱ぐことにした。そうすると1年の奴は腹を抱えてわらいだした。そうするとそのままここでオナニーしてくださいといってきた。俺はもう従うしかなかった。そのまま1年の部活をろくに来なかった奴の前で射精したのである。

H体験談より引用

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。