今まで知ることのなかった話題のオナニー体験

特殊案件1−21 2

今まで知ることのなかった話題のオナニー体験

 

私の初めてのオナニーは中学校1年のときだった。その当時はクラスの隅っこの方で7、8人の男子が固まってきのうはあいつのおっぱいを想像してオナニーしたとか、隣のクラスのスカートの中想像してやったとかそんなことが聞こえてきました。そのとき私はオナニーがどうゆうものなのかまったく知らなかったので、今更聞くこともできないよううな状態でしたが、このまま知らないのも男としてやっていけないと思いクラスの中でもおとなしくて押しに弱い河合くんに聞いてみることにしました。ちょうど借りていた本もあったのでその本を河合くんの家に返しに行きがてら部屋に遊びに行ったときに聞いてみることにしました。聞いてみると河合くんはそんなんことも知らないのと言ってきました。河合くんの両親は共働きで19時すぎまで家に帰ってこないそうなのでいつもやっているオナニーのやり方を教えてもらうことに。2人ともお風呂場で全裸になってまずは河合くんがお手本を見せてくれました。同じクラスの女子のことを想像してやっていてちんぽの先から白い液が出てきました。今度は私の番でおなじようにちんぽをいじっているとなんだか今までにない感覚になっていきました。そしてちんぽが爆発したのですが白い液体が出てこなかったのです。どうやらまだ精通していなかったようでしたがそれから何度かオナニーしていると出てくるようになりました。

H体験談より引用

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。