中学2年の夏に一年越しに叶った先輩との恋

特殊案件1−23 2中学2年の夏に一年越しに叶った先輩との恋

 
僕には中学一年の時から気になっていた一年上の先輩がいる。たく先輩と言ってバスケはうまくてルックスもよくて、よく部活中に女子がたく先輩を目当てに見にきていたりするほどだった。そんなたく先輩を気になったのは僕がバスケ部に入ってから2ヶ月がたとうとしていたときだった。それまでは、何気なく見ていた先輩達だったのにいつの間にかたく先輩ばかり目で追いかけるようになっていた。そう思うようになってからなかなかたく先輩と話すこともできずにいた。だけど、同じ学年のやつよりはたく先輩と仲良しの印象だった。僕が2年に上がった夏のこと。部活終わりにたく先輩がうちに遊びに来ることになったのだが、うちの家族は夏休みということもあっておじいちゃんちにいっていて僕以外は誰もいない状態で好きに家を使えた。最初はゲームをしたりテレビを見たりしていたが次第につまらなくなってきて話は恋話になった。お前は好きなことかいないのか?とたく先輩に聞かれたが、たく先輩のことが好きだったので、誰もいませんね。と軽く返した。そのあとにキスとかしたことあるのか?と聞かれたのでまだありませんと答えると、なら俺とやってみるか?と言ってきた。先輩にそんなこと言われると思ってもいなかったので本当はしたかったが気持ちを抑えるのに精一杯で、えっ、ほんとにですか?と聞き返してしまった。今度はたく先輩も真面目な顔をして、じゃほんとにしてみる?と聞いてきたので、ハイとだけ答えた。そうすると近づくたく先輩に心臓がバクバクとうなり出し僕の胸から少しだけ心臓が出てきているとさえ思っていた。たく先輩の唇は柔らかくてなんとも言えない感覚でそのあとは舌まで入ってきた。次には先輩の手が伸びて僕のちんこを触ってたってるぞと言ってきた。そんなのずいぶん前からたっていましたよ!と言い返したいくらい気持ちが高ぶっていた。たく先輩が見てもいいか?と聞いてきたのではいと答えるとそのあとは手でやってもらって、なんとそのまま続けてフェラまでしてもらって先輩の口の中いっぱいにドクドクと白い液体を出してしまいました。たく先輩とは今でも付き合ってアナルを開拓したところです!
H体験談より引用 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。