バイセクシャルの恋愛事情①

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今回はバイセクシャルの恋愛事情についてお届けします。

ご紹介させていただいたのは、Aさん(40代)。バイセクシャルの世界は、全く未知の世界です。

Aさんは「あくまでも私自身の話で、バイ全般に当てはまるわけではないんですが」

と前置きした上で、色々お話ししてくれました。
「好きなタイプ」が二種類!バイセクシャルの性的志向

男女どちらも好きになれるということは、「普通」の人よりも出会いが2倍あるということなんでしょうか?

A:単純に考えるとそうですね。でも、選択肢が多いのと、理想の相手が見つかるのは、また別の話だと思いますよ。

確かにそうかもしれません。

A:それに、「どんな性別でもOK」という人は「パンセクシャル(全性愛)」と言われたりしますが、私の場合はバイであってもパンではないと思います。例えば、「自分は男でも女でもない、自分の性別を決めたくない、自分の性別をどちらかに認知したくない」という「中性」の人もいて、自分はそういう「中性」の人は恋愛の対象にはできないかなと思うので。

バイセクシャルとパンセクシャルは別物なんですね。ちなみに、Aさんの好きなタイプってどんなタイプですか?

A:私の場合は男女でそれぞれ全く違うタイプが好きなんですよ。まず男性の場合は、あえてこういう言い方をしますが「男っぽい」タイプ。ストイックな感じの、バランスの取れた体つきの人が好きですね。芸能人で言うと、陸上の為末大。女性の場合は、かわいい系というか、「女っぽい」タイプが好きですね。髪が長くて、ちょっと不思議系の女性も好きです。芸能人で言うと、AKB48の渡辺麻友みたいな。要するに、性格と見た目が一致しているのが好みなんですよね。

好みのタイプが男・女の二種類あるわけですね。

A:好きなタイプを聞かれたときに、説明しづらくてしょうがないですね。両方説明しても、人から理解されにくいというか。だからやっぱり、そういう意味でも、「ゲイ」で通した方が楽なんですよね。

バイセクシャルの恋愛②に続く

 

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。