カミングアウトデー 渋谷でNPOが初のイベント

2015101103

10月11日は「カミングアウトデー」。

これは米国発祥の記念日で、同性愛者などの性的少数者(LGBT)であることを表明(カミングアウト)した人々の勇気をたたえる日だ。

大切な人にこそ本当のことを伝えたい!
そのために必要な勇気を応援しようと、「バブリング」(横浜市)は11日、東京都渋谷区で初のイベントを開く。
パブリングは昨年のカミングアウトデーに発足したNPO法人である。

代表の網谷勇気さん(37)は高校生の時、友達にウソをつき続けたくないと思い、自分はゲイだと初めて打ち明けた。
「そのとき何を話したのかも覚えていない。友達でなくなってしまうのではと怖かった」。その当時のことを思い出して語った。

しかし、それと同時に、「死にたい」とまで思い詰めていたほどの孤独感が薄れたのを感じた。
網谷さんは、中学時代から異性愛に違和感があり、思い切ってカミングアウトしたのだが、本当の自分をさらけ出すことで「信頼関係がさらに深まることが多い」と感じた。
そして、「大切な人へのカミングアウトを応援しよう」と、NPO法人の設立を決意したのである。

イベントではLGBTだけではなく、児童養護施設出身者やなどが人生を変えたカミングアウトを語る。
「LGBTに限らず、ありのままに生きられる社会にしたい」と、賛同してくれる人の参加を呼び掛けている。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。