iPhoneの絵文字がロシア政府から睨まれる?

2015092801 iPhone

「iPhone6s」が発売になりましたね。

やっぱりAppleは人を引き付ける素晴らしい企業です。

が、ちょっと気になるニュースも。
iPhoneに入っている絵文字のため、Appleがロシア政府から罰金を科せられる可能性が出てきたようです。

ロシアは、同性愛に関しては非常に厳しい態度を取っている国で、2013年に「非伝統的な性関係を宣伝」することを禁じる法律を施行しています。
今回問題になっているのは、iPhoneなどのiOS端末に同性愛カップルを表現した絵文字が含まれるのは、この法律に反するという理由です。
罰金が科せられるようですが、100万ロシアルーブルといえば約184万円ですから、巨大企業Appleにとってはハシタ金です。
しかし、クックCEOはゲイですからねえ。

CEO自らがカミングアウトしている会社ですから、ロシア政府の今回の方針にどんな対応するのでしょうか。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。