映画「カミングアウト」

2015102002

メジャー館では上映されていないから、観た人は少ないかもしれませんね。

DVD化されていますから、是非ご覧になってください。

「世界がもし100人の村だったら、そのうち11人は同性愛者だそうです。
統計学的には2%から10%位と言われています。およそクラスに1人いるということになりますね。
多くの当事者がそれを隠しています。なぜでしょう」
—本編台詞より抜粋
ストーリーは・・・・

陽はゲイの大学生。
サークルの同級生で親友の昇に片想いをしているが、
大学のサークル仲間にも、一緒に暮らす家族にも、ゲイである事は隠している。
唯一、新宿二丁目の行きつけのBarB♭ではありのままの自分でいられる。

以前に比べれば、セクシュアルマイノリティも少しずつ生きやすい時代になってきた。
しかし仲間達との友情や恋愛の他にも、就職や結婚など将来への不安は尽きない。

過ぎ行く日々の中、陽の周囲に起こる様々な出来事。
いつしか、陽の中にある思いが生まれ始めていた。
葛藤の末に陽が進む道とは…。
ゲイを真面目に、ホント、真面目に、「実際はこうなんだよ」と伝えた映画です。

日本では、まだまだ理解していない人がたくさんいますが、先のセリフにもありましたが、11%が同性愛者ということがわかっています。

日本でも7%か8%という調査結果があります。

特別なことではなく、ひょっとすると、あなたの家族に同性愛者がいるかもしれないし、友人にもいるかもしれません。

とにかく、オススメです。

ゲイニュースジャパンのLINEに登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加数

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。
(gay.newsjapan★gmail.com(★を@に変更)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。)
メルマガの受信管理はWordPress.comを利用しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。